銅版画家・山本容子「アート イン ホスピタル展」(阪急うめだ)でポストカードを購入



LINEで送る
Pocket

P5250004

2015年5月20日(水)~5月25日(月)に阪急うめだ本店9Fギャラリーで開催された「山本容子展―アートインホスピタル」を覗いてきました。銅版画家・山本容子さんを私が初めて知ったのは、江國香織さんの本「デューク」の装画でした。私の大好きな本。飼い犬が死んでしまって号泣している主人公のところに、すっと現れた男の子の話。


病院を訪れると、たいていひっそりと絵画が描かれていたり壁画が飾られているのをよく見ます。ほとんど風景に溶けこんであまり患者さんは見ていませんが、アートには人を癒やす効果があるのかもしれません。

山本容子さんは、アート・イン・ホスピタルをバック・グラウンド・ミュージックのようなものだと考えます。それは画家のエゴを表現するものではなく、その場所に求められるものであること。心地よく聞き流せるようなものであること。また、老若男女、年代問わず万人が心癒されるものであるということです。

西日本初開催! 『山本容子展 アート イン ホスピタル』その1 | 阪急うめだ本店・スタッフブログ

和歌山県立医科大学付属病院や中部ろうさい病院にある、山本容子さんの壁画も展示されていました。

P5250005

ポストカードをいろいろ購入しました。山本容子さんによるアリスのお茶会、赤毛のアンなど。

銅版画家といえば、この北村薫さんの一冊もおすすめ。主人公が銅版画家です。時の三部作と呼ばれるシリーズの第二作目。

LINEで送る
Pocket

なんともほわんとした絵が魅力。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへにほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

この記事を書いたのは

関西在住の“そら”です。マスキングテープを集めるのが趣味(特にカモ井の!)。カメラはオリンパス OM-D E-M5。最近はなかなかイベントにも参戦できませんがほそぼそとマステを収集しています。。さらに詳しく知る



このサイトに掲載されている文章並びに画像、すべての著作物は青空書簡が著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。

ポスクロや文通に使える日本らしい絵葉書やキュートポストカードを扱っている通販ショップで私がいいなぁと思ったものを20店、ご紹介します